月別アーカイブ: 2018年7月

どう配分が変わるのかどうなのか

サッカーのワールドカップロシア大会アジア最終予選の後半がこの3月下旬から再開となるが先の大会では出場国が増える事がわかった。
その次の大会まではこれまで通りの32カ国が本戦に進められる事になっている。

これは今日の国際サッカー連盟が理事会で協議した結果で明きからになって昨年から出場する国を増やすことで全会一致となった。
今の数は1998年にフランス大会からこの数となったがこの時から日本も出場をしている。

この国際サッカー連盟に加入している国が多く予選も最終まで決める所が多いと言う。
特にヨーロッパなど熾烈な出場国争いも必死となる事は間違いないと言う事になる。

そして、この出場国が増える事によってヨーロッパ以外は一つの国が増える事になる事が明きからになる。
0.5はオセアニアとのプレーオフがある事でこの様な事になったと言うとになってしまう。

本大会は12だった予選グループが16になる事で決勝トーナメントは32で争う事になると言う。
増えた事で更なる闘いが始まると言う事になると言う事になる。

しかし、この出場国が増えた事で「BBC」は過酷日程と言う事で反対を意見を述べたがこれでも全会一致で決まったと言う事になる。
今回変更する時期は開催国は決まってないが2026年の大会から適用される事になっていると言う。

この意見がどう影響するのかこれからだと思われているのです。

肌に優しい突っ張らないタイプのクレンジングが好み!

クレンジングは肌に合うかどうかでその後のスキンケアが左右されたり、肌荒れをする原因となるような重要なアイテムだと感じています。私は若いころから乾燥肌なので肌に優しい突っ張らないタイプのクレンジングが好みです。なので、ジェルタイプかミルクタイプとなるのですがミルクタイプは肌に優しすぎて洗浄力が弱いので汚れが落ちず逆に肌荒れを起こすことがあり使用はしていません。

使っているのはduoクレンジングバーム 楽天で買いました。
なかなか使い心地が良くて気に入っています。

オイルタイプは洗い上がりはすっきりとするのですが、洗浄力が強すぎものは肌が乾燥しすぎたり皮脂を取りすぎるためか吹き出物ができることもたびたびあります。なので、やはりジェルタイプが一番使用頻度が高いです。それでも、夏場など皮脂分泌が多くなる時期は小鼻や顎などの汚れが気になるのでその部分だけオイルクレンジングを使用したり週に1度だけオイルクレンジングを肌全体に使う事があります。

そして、最近ではファンデーションのメーカーと同じクレンジングを使う事が多いです。ファンデーションを購入しているメーカーの美容部員さんに勧められたのがきっかけなのですが、よく考えるとクレンジングを研究しているのはそのメーカーのファンデーションの落ち方だと思うので納得して購入しています。