どう配分が変わるのかどうなのか

サッカーのワールドカップロシア大会アジア最終予選の後半がこの3月下旬から再開となるが先の大会では出場国が増える事がわかった。
その次の大会まではこれまで通りの32カ国が本戦に進められる事になっている。

これは今日の国際サッカー連盟が理事会で協議した結果で明きからになって昨年から出場する国を増やすことで全会一致となった。
今の数は1998年にフランス大会からこの数となったがこの時から日本も出場をしている。

この国際サッカー連盟に加入している国が多く予選も最終まで決める所が多いと言う。
特にヨーロッパなど熾烈な出場国争いも必死となる事は間違いないと言う事になる。

そして、この出場国が増える事によってヨーロッパ以外は一つの国が増える事になる事が明きからになる。
0.5はオセアニアとのプレーオフがある事でこの様な事になったと言うとになってしまう。

本大会は12だった予選グループが16になる事で決勝トーナメントは32で争う事になると言う。
増えた事で更なる闘いが始まると言う事になると言う事になる。

しかし、この出場国が増えた事で「BBC」は過酷日程と言う事で反対を意見を述べたがこれでも全会一致で決まったと言う事になる。
今回変更する時期は開催国は決まってないが2026年の大会から適用される事になっていると言う。

この意見がどう影響するのかこれからだと思われているのです。